住宅ローンの審査にパスしやすいパターンを検証

スポンサードリンク





住宅の購入を検討するとき、手持ちの現金で買えるのであればいいのですが、多く方が住宅ローンを組むのではないかと思います。

銀行で借りればいいとは言うものの、一生の内で一番高価な買い物と言われる家を買うお金を借りるのですから、大きな金額になるので貸す方も借りる方も慎重になりますよね。

このページでは、住宅ローンを組む時にどんなことに注意する必要があるのか?住宅ローン審査にパスしやすいパターンを一緒に考えていこうと思います。

借り入れを整理しておこう

通常、銀行がお金を貸すときは、個人のお金の流れを確認します。
収入がいくらで 出費がいくらで 借り入れの有無 などが確認されます。

銀行は必ず、CICの個人情報を開示して過去に借り入れがある場合は返済に遅れがないか?延滞がないか?を確認します。
俗に言うブラックボックスというやつです。

この場合、本人が忘れていてもしっかりと記録されているので、銀行が開示した時に事故が発覚すれば審査に不合格となり住宅ローンを組んでもらえません。

住宅の購入を検討していて、住宅ローンを組みたい場合にもし借り入れがある時は、出来るだけ早く返済し遅延などのをしないように注意が必要です。

クレジットカードも注意が必要です。

消費者金融のキャッシングカードやクレジットカードを持っている場合は注意が必要です。
アコムやプロミスなどの消費者金融のキャッシングカードは、お金を借りることが出来るカードです。クレジットカードもキャッシング枠があるので、こちらもお金を借りることが出来るカードという判断をします。

このカードは、持っているだけで負債を持っていると判断されてしまいます。
現状、金銭の借り入れをしていなくても30万とか50万のキャッシング枠が負債と判断されてしまうのです。

住宅ローンを組むときは、銀行を決めてからでいいので、カードの事をよく相談して指示に従うしかありません。

スポンサードリンク




住宅ローンの審査に通りやすい銀行は・・・

銀行はお金を貸して、金利をつけて返済してもらうことで商売が成り立っています。
返せる見込みがある方には、どんどん借りて欲しいと考えて入るのですが、やはり審査に融通はないと思います。

ネット銀行に注目

しかし、どこの銀行も同じ基準で審査をしているとは限りません。

各行ともに商売ですから、金融商品にもそれぞれ他行と差別化してお客様にお得感のある商品を提供できるように企業努力をしています。
そんな中で、注目したいのがネット銀行です。

ネット銀行とは

ネット銀行とは、店舗や通帳を持たずして、インターネットで個人とお金のやり取りをする銀行で、イマ注目されています。
具体的には、新生銀行・ソニー銀行・三菱信託銀行・住友信託銀行などたくさんの銀行があリます。

ネット銀行も銀行ですから、お客様からお金を預かり 預かったお金を貸し出すことで金利を稼いでいるところは同じです。
以前は、住宅ローンをやっていなかったのですが、最近住宅ローンにも力を入れており、住宅ローンの金利が安いと注目を集めています。

審査項目は独自性が強い

また審査についても、従来の銀行に比べて独自色の強い審査をするという噂があり、住宅の購入を銀行からの融資で賄おうと考えている方は検討に値するいい商品を扱っています。

住宅ローンを検討するときは、もちろん住宅メーカーから紹介される銀行にお世話になるのも方法ですが、合わせてネット銀行も検討する必要があると思います。

借り入れる金額が大きいだけに、チョッとした金利差でも大きな金額差が出ますので、しっかりと比較検討されることをお勧めします。

スポンサードリンク