補中益気湯ってアトピーに効きますか?
補中益気湯ってアトピーに効きますか?(続きを読む)

血糖値を上げずに体重を増やす方法 現在、40代女で、162㎝、43kgです。 ここ3か月…
血糖値を上げずに体重を増やす方法 現在、40代女で、162㎝、43kgです。 ここ3か月ほどで4キロほど落ち、戻せません。 体力を使う仕事なので、このままでは持ちません。 以前ジムで簡単な健康診断をしてもらった際に、 「典型的なるいそう体型で、放っておけば骨と皮になる体質です」 と言われました。 じっさい、家族(標準体型)と同じメニューで、 更に間食をし続けても、体重が減っていきます。 もう胃が限界です。 ちなみに胃下垂で、胃腸は弱いです。 ここ20年間、体重の変動はほとんどなく 急に落ちた理由も心当たりはありません。 単純に老化ではないかと思っています。 一方で、もろに糖尿家系なので今後が心配です。 現状は、HbA1cが5.5で基準内におさまっています。 体重を増やすには、色々調べましたが 健康的な食事を全体的に増やしながら食べるのが良いと いう事なのですが、やっているつもりでも成果が出ません。 また、仕事柄、昼食をしっかり取る事ができず ゼリードリンクやカロリーメイトが精いっぱいです。 そのため朝夕が中心になってしまいます。 今まで試した事としては、 食事回数を4~6回ほどに分散して全体量を増やす、 プロテインを牛乳や食事に混ぜてとる、 タンパク質(ゆで卵や鶏肉、納豆など安いものしか無理です) を多くとる、水分補給を牛乳と豆乳にする、 タンパク質摂取を力仕事の前後にする (方が筋肉になりやすいと聞いたので)などですが どれも目に見えた成果がなく、くじけました。 お菓子や揚げ物を大量にとっても、体重は増えず お腹を下します。 ちょっとしたコツとか、私の試してきた事の悪い点など 何か助言をいただきたいです。 よろしくお願いします。(続きを読む)

ライブ後、耳鳴りが残る。 二ヶ月たちますが聴力低下なし。 何回もはかりましたが…
ライブ後、耳鳴りが残る。 二ヶ月たちますが聴力低下なし。 何回もはかりましたが、多少変化あるが、 全体的に10から0の間です。 ストレスからか、唾のみ、あくびのときに耳管がうるさく、 痰がからみます。 耳鼻科にいったら、耳管は気にしすぎ。 喉がすこし赤いくらいで、薬なし。 大きな病院の医師からは首こりからの耳鳴りであり、自律神経が原因という話でした。 検査の結果で言われました。 毎日通勤一時間は電車で、仕事でヘッドセット使うのもあり、今後の聴力がすごく気になります。 喉はたぶん一時的に席がでていたので、職場で風邪をうつされたかなあとは思います。 しかし、全体的にストレスのせいでしょうか。すこしまだ咳はでます。 映画館、カラオケ、ゲームセンターなど禁止になり、大きな音が怖くて、イベントにも行けなくなり、落ち込んでます。 知識さえあればライブなんていかなかったのに。 行動制限がこんなに苦しいなんて。 正直、生きることがめんどくさいです。 将来への恐怖心さえ克服できれば。 本当はバリバリ仕事して、創作をしたいんです。 でも、毎日怖くて将来どうなるかばかり、考えてしまい。 ストレスばかりたまります。 毎日仕事して、合間に耳のことばかり考えてしまい、神経がおかしくなりそうです。 聴力低下や他の耳の病気になりたくないです。しかし、定期的に聴力を計って、低下や変化してたとして、どう受け入れる心構えをすれば? どうしたら、今の状況を受け入れて、毎日を楽しく生きれますか? ライブ前の私はほとんど風邪もひかず、仕事もバリバリこなし、行きたい場所にでかけて、とても毎日を楽しく過ごしてました。 もう戻れないのをどう受け入れて日々を過ごせば良いのか分かりません。 耳のことばかり考えて、人生を消費するのはもう嫌です。 どうかご助言ください。(続きを読む)

ワンピース 大人 上品 レディース 夏 
商品価格:4,622円
レビュー平均:0.0
清暑益気湯 セイショエッキトウ 煎じ薬 
商品価格:12,960円
レビュー平均:0.0

男のコンディションを測る”新兵器”とは? – 読売新聞
読売新聞男のコンディションを測る”新兵器”とは?読売新聞暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、夜は過ごしやすくなったこの頃ですね。 涼しくなれば、食欲や運動の意欲も回復してきます。暑いのでついタクシーに乗ってしまい、夏痩せどころか夏太り、という変な夏バテも忘年会シーズンまでには、解決したいところです。コンディションを測るに …(続きを読む)

現代の夏の不調が起こる理由、乗り切るコツ – 毎日新聞
毎日新聞現代の夏の不調が起こる理由、乗り切るコツ毎日新聞日本の夏は高温多湿。家電などがなかった頃は、食べ物が傷みやすく日持ちがしません。食料事情もよくないため、夏痩せしたのです。 … また、漢方では、旬の夏野菜も体を冷やすものと考えます。体にこもった余分な熱を下げて、元気にしてくれるものですが、胃腸の弱い人が生 …(続きを読む)