PAC3部隊撤収 もとの基地へ移動開始 – 日テレNEWS24
日テレNEWS24PAC3部隊撤収 もとの基地へ移動開始日テレNEWS24防衛省は、北朝鮮との緊張緩和を受け、東京・市ヶ谷の防衛省に展開している地上配備型迎撃ミサイルPAC3の迎撃態勢を解除した。 また、北海道、島根県、広島県、愛媛県、高知県の5か所に展開しているPAC3の部隊も撤収し、所属している部隊のもともとの基地に移動を …(続きを読む)

iPSでパーキンソン病治験 2022年にも国に承認申請 – 日本経済新聞
日本経済新聞iPSでパーキンソン病治験 2022年にも国に承認申請日本経済新聞国の承認を得る目標時期は。 「7例のデータをもとに条件付き承認を得られるようにしたい。2022年に2年間の患者の観察を終え、そこからデータを集めて承認申請するのが最速のシナリオだ」. ――iPS細胞でやることの意義は。 「細胞移植によりパーキンソン病がすべて解決 …iPS細胞治験、年内にも移植=パーキンソン病で世界初-京大時事通信【主張】iPS治験 再生医療の総合力向上を産経ニュースパーキンソン病のiPS治験、来月開始 京都大が発表、年内にも移植手術へSankeiBiz東奥日報 -下野新聞all 161 news articles »(続きを読む)

This RSS feed URL is deprecated
This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)

深い洞察のもとに多角的な見方を提示してくれるのだが、こちらの洞察が甘いがゆえ…
深い洞察のもとに多角的な見方を提示してくれるのだが、こちらの洞察が甘いがゆえに、その多角的な見方が、一点への説明だということ、つまりその繋がりが感じられないということがあります。 この人は果たして、なんでこんな話をしているのだろうという具合に思うわけです。 見ている視点、またその深さが違うので、私には分からないのだなと思うわけです。 私の友人がそういう人なので、様々な考察のヒントをこれまでも与えてくれました。 知恵袋の中でも、こういうことは、たびたび起きていると思いますか。(続きを読む)

胸もとの詰まった服が嫌いで、会社でも普段でもとにかく開いてます。 先日男友達が…
胸もとの詰まった服が嫌いで、会社でも普段でもとにかく開いてます。 先日男友達が男はみんな見てるもんだから気をつけろと注意されたんですが、見えたからって本人が気にしてなければ別に考え なくてもいいですよね? 顔が大きく見えたり、服によっては顔色が悪く貧相に見えたり、窮屈だし、何より似合わないと思ってます。 襟元が開いてた方が首もとがすっきり見えるし、ボートネックやVネック気味の肩の切り替えもないような服ばかりです。 当然屈んだら中見えるし、ブラやキャミの肩紐見えたりもするんですが見えること自体は気にしてません。 ただあまりにも下着です!って感じだとカッコ悪いのでとにかく下着やキャミは無地の黒です。 そんなに考えなければいけないものですか?(続きを読む)