大雨、雷から身を守って 気象台がお天気教室 – 長野日報
長野日報大雨、雷から身を守って 気象台がお天気教室長野日報長野地方気象台は21日、小学生以下の子どもと保護者を対象にしたミニお天気教室を伊那市高遠町図書館で開いた。防災教育を兼ねて市、市教育委員会の共催で行い、約40人が気象への関心を深め、急な大雨や雷、竜巻から身を守るための行動を学んだ。 気象台職員や …(続きを読む)

村上氏、大雨予報が出ていた中での懇親会を批判 – TBS News
村上氏、大雨予報が出ていた中での懇親会を批判TBS News自民党の村上元行革担当大臣はTBS「時事放談」の収録で、記録的な大雨の予報が出ていた中での安倍総理らが出席した懇親会について、「国民を守る責任感が欠けているのでは」と厳しく批判しました。 「総理、防衛大臣、政調会長、法務大臣と、正直申し上げて、政府や国会 …and more »(続きを読む)

岡山県の大雨特別警報発令中の状況で.. 7/6(金)23時半頃、岡山県倉敷市片島町付近…
岡山県の大雨特別警報発令中の状況で.. 7/6(金)23時半頃、岡山県倉敷市片島町付近で地震では無さそうな大きな揺れが起きたのですが、原因をご存知の方がおられましたら教えて下さい。 ◆自身もその場所に居て体感はしたのですが、感じたことは.. *地面は揺れずに、ガラス張りの建物に居たのですが一瞬でしたが大きく横揺れする感じでした。 地面が揺れた感じでは無く、建物だけが横揺れしたので、地震では無さそうな感じでした。 爆発か雷の様な雰囲気はしましたが、外が光っている状況は確認しませんでした。 *少しだけ離れた場所に住んでいるお家の人のお宅も同様の状況だったようです。 なので、自分が居た建物だけの状況では無かったと思います。 *その状況の5~10分後ぐらいに、消防車のサイレンが鳴り響いていました。 ただし、大雨特別警報発令中でしたので、上記の件とは違う目的のサイレンだったかもしれません。 ご回答よろしくお願いします。(続きを読む)

大雨の日に麻原死刑執行、「何でずらさなかったのか」 宮根誠司ギモンに批判殺到し…
大雨の日に麻原死刑執行、「何でずらさなかったのか」 宮根誠司ギモンに批判殺到しているようだが、私は分かる気がする。 大雨の予想は降る前からわかっていたことで、雨が降ると予想される地域は緊張がずっとしている。 だったらいつがいいのかという疑問を持つ人がいるがそうではない。 被害が大きく出たら報道は命を守る報道を第一にしてほしい。 死刑が大きな災害の隠れ蓑のような形でしてほしくはないし、大きく報道をするにも少しずらすことが出来なったのか。 国は国民と財産を守る義務があるとしているなら、災害が出る可能性が大きい忙しいこのタイミングでなんでするかなと考える。 この数日間は生きた心地がしない、胃がキリキリする 雨が怖い 死刑執行より、大雨がどうなるかが一番の関心(続きを読む)