土用の丑の日に食べると夏痩せしないと古来から言われたものは 鰻のかば焼きです。…
土用の丑の日に食べると夏痩せしないと古来から言われたものは 鰻のかば焼きです。 それでは、土曜の牛の日に食べると効果があるもの、 とはなんでしょうか。 食べ物の名前と効果を考えてください。(続きを読む)

©石麻呂に我物申す夏痩せによしといふものそ鰻(ムナギ)捕り喫(メ)せ ──大伴家持
©石麻呂に我物申す夏痩せによしといふものそ鰻(ムナギ)捕り喫(メ)せ ──大伴家持(続きを読む)

うなぎを詠んだ歌として有名な 万葉集 大伴家持の 「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せ…
うなぎを詠んだ歌として有名な 万葉集 大伴家持の 「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」 ですが、 冒頭の「石麻呂」は「いしまろ」ですか?「いわまろ」ですか? 本によって両方の読み仮名があり、迷っています(続きを読む)

ワンピース 大人 上品 レディース 夏 
商品価格:4,622円
レビュー平均:0.0
清暑益気湯 セイショエッキトウ 煎じ薬 
商品価格:12,960円
レビュー平均:0.0

奈良時代から、夏バテ予防食だった「鰻」 諸説入り乱れる蒲焼きの変遷 – ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン奈良時代から、夏バテ予防食だった「鰻」 諸説入り乱れる蒲焼きの変遷ダイヤモンド・オンライン日本では、新石器時代から食べられていたと言われる鰻ですが、“夏バテ防止に鰻を食べる”という習慣は、奈良時代にはすでに確立されていました。 『万葉集』の中で大伴家持が、. 「石麻呂に 我物申す夏痩せに 良しといふものぞ 鰻捕り喫《め》せ」. と詠んでいるのがその証拠で、 …(続きを読む)

北斗星(7月19日付) – 秋田魁新報
北斗星(7月19日付)秋田魁新報資源枯渇が懸念されている一方、スーパーなどで昨年、ウナギのかば焼きが確認されているだけで2・7トンも捨てられていたという。土用の丑の日に合わせて盛んに売り出される裏で、さばききれずに賞味期限切れなどで大量に廃棄されている一端が浮き彫りとなった形だ(続きを読む)